冬チャリダー

アクセスカウンタ

zoom RSS ‘09初日の出を見に VS三国峠 2008/12/20

<<   作成日時 : 2009/10/21 03:30   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

外が明るかったので目が覚めた

室内はそんなに寒くはない
外の気温は−15度
画像


外を見て驚愕した
「うわ〜・・・・めっちゃ雪降ってる・・・!!」
画像


今日は最大の敵、北海道道路最高地点、標高1150メートルの三国峠越えが待っている

「おあつらえ向きだな!まったく俺を大歓迎してやがる」

なんとなく言ってみたけど、気持ちは正反対だ
絶対しんどいよなあ・・くそ寒いよなあ・・・心がバッキバキに折れるやろなぁ・・・・
すでに心は折れかかっている。

「うだうだ考えても埒があかん!悩むのはあとだ!行くで!!」

声に出して気持ちを奮い立たせる。駄目なら駄目で戻ってくればいい。

荷物を積み込み、いざ出発!
画像


雪はどんどん酷くなっていったが、風があまり強くないのが幸いだった
道路の除雪は追いついていない
画像

画像


秋に一度通った道。そのときはそれほどきついとは感じなかったが、冬の道はまったく別モノだった

低い気温とどんどん積もる雪のせいで体力が続かず、少し進むだけで何度も何度も休憩を余儀なくされた
手と足はかじかむ、と言うよりはもう痛くて仕方なかった
「ちくしょー!ばかやろー!雪やめ〜!!」とかわめいてもみた
やめるのは簡単。引き返せばいいだけ
でも漕いでいく
自分との戦いだ
画像

峠まで数キロの所で親子連れの車にがんばれ〜!と応援された
「ありがとさ〜ん!」と手を振ってこたえた
うれしいねー!
沈み気味だった気持ちが湧き立った。気合が入る。
「三国峠がなんぼのもんじゃー!」
最後の坂を一気に駆け登る
画像



着いたぁ〜〜〜〜〜〜!三国峠制覇!
画像

雪のせいで周りの景色は全く見えない
自転車こぐのをやめると寒くて仕方ない
峠の売店はさすがに冬季は閉まっていて、雪を避ける場所も無いので写真を撮ったらすぐに峠を出発した


下りに入ってすぐ、身の危険を感じた
登りでは体を動かすので手足の寒さはあったものの体はそれほどではなかった
汗をかきにくいように少し薄着だった。でも汗はやはりかく

下りで風を受け体感温度が一気に下がり、汗が急激に冷却され体温がどんどん奪われる
寒いなんてもんじゃない。体の震えが止まらない
気温−10度。下りで風を受けるとどのくらいまで下がるんだろう?
これはマジにやばそうだ。このまま下ればきっと死ぬぞ

すぐにあった道路の防雪シェルターで着替えた
上半身裸になって着替えたが、寒いとかもうそんな事言ってられないほど体が震えていた
ありったけのカイロも使った。なんとか震えはおさまった。
あぶなかった。気をつけねば・・。

下り始めると、また問題が起こった

まず寒すぎてスピードメーターが動かなくなった
これはまあしょうがない。予想はしていたことだったのでほっといた


そしてもうひとつ・・・・・

スピードをゆるめようとブレーキレバーを引こうとした

レバーが・・・・動かない?

下りで受ける風のせいてブレーキまでも凍ってしまったのだ!

「えええええええ!?!?」

転んで止めるという手もあるが、下はガチガチのアイスバーン。ものすごく硬いし、スピードが出てるのでそのまますべって反対車線まで行ってしまいそうだ

半分パニックになりながらも渾身の力を込めてブレーキレバーを何度も何度もを引きつづけた

かろうじて前輪が利くようになった

徐々にスピードが落ちて、なんとか止まった

「くううううぅぅ〜・・・・止まったぁぁぁぁあ〜・・・・はあぁぁ〜・・・」

もう泣きそうだった。心臓もバクバクだ。しばらく放心状態。動けなかった。


どうやらブレーキのワイヤーとそれを保護してるアウターの間に水が入り(何かで雪が解けたのか?)それが凍ってしまったようだった


その後は小刻みにブレーキを使って凍らないようにしてなんとか10キロしのいだ


宿泊地、糠平に到着

寒さと疲労と緊張でもはやバッキバキに心が折れまくっていた俺は野宿する気力も無く、フラフラと夏場は格安のライダーハウスもやってる温泉旅館に入った。
交渉したが夏場の料金ではやはり駄目で、普通の素泊まりより少し安い料金で泊めてもらうことになった

もうなんだか旅なんかどうでもよくなっていた。なんで俺こんなことしてんだろうとか、もう二度とこんな旅するかとかそんなことを考えはじめていた。 かなりまいっていた

とりあえず体を温めるため温泉に入った

芯まで冷えた体がと〜ろ〜け〜る〜!たまらん!
死ぬほど気持ちが良かった
温泉がこんなにいいものとは!
気分も楽になっていった

今日はほんとにしんどかった
登りも下りもきつい峠なんて初めてだ
でもいろいろ学んだな、身をもって
こんな旅にでも出なきゃ一生味わえなかったな。フフフ!
やっぱり面白いな、旅は。

温泉入っただけでいやな事すべて吹き飛んでしまった。
我ながら単純だ
まあいいか

今日は畳だ!布団だ!!
ゆっくり寝よう

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加してます。よかったらクリックお願いしまーす!!






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
‘09初日の出を見に VS三国峠 2008/12/20 冬チャリダー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる